Archive for 6月, 2012

食べ過ぎを防止しよう

食べ過ぎはダイエットにとって一番良くないことです。
食べ終わってから満腹感を感じ、しまったと思ったことがある人も多いでしょう。
腹8分目に抑えて食事をすることが一番良いとされていますが、分かってはいても美味しい食事を目の前にしたらつい食べ過ぎてしまうこともあります。
そうならないために、どうすればいいでしょうか。

まず、食べすぎてしまう人の特徴として、早食いということがあげられます。
これはもう癖になってしまっていることも多く、つい早食いになってしまっていることもあるでしょう。
そこで早食いをしないために、よく噛んで食べるということを意識してみてください。
最低でも30回噛むと良いと言われていますが、いきなりそれを実践するのは難しいかもしれません。
なるべくじっくり、噛む、ということを意識しておくだけでもかなり違うでしょう。消化の助けにもなります。

そして一口ごとに箸を置くと時間をかけて食べられます。
これは太りにくい食べ方として多くの人に実践されている方法で、食事中に何度も箸を置き、水やお茶を飲むようにすることで自然と時間をかけて食べるようになります。

家族と住んでいたら声をかけてもらったり、使いづらい子供用の小さな箸を使うという方法もあります。
空腹時に食事を始めてしまうと一気に食べてしまいがちなので、食事前にコップ1杯の水を飲んでから食事に臨むのも良いでしょう。

少しの工夫でいくらでも食べすぎを予防することはできます。
食べ過ぎてしまうことがよくある、または早食いだと自覚しているなら、なるべくそうならないように注意しましょう。

ヨガで代謝を高めるのだ

ヨガはインド発祥で長い歴史を持ち、健康法として人気があり、代謝を上げる運動にもなります。
体を動かしながら呼吸し、心身のバランスを正しく保つことで、美や健康に良いと言われます。
ヨガを行うと普段動かさない筋肉も鍛えられ、しなやかで美しい体型になれますし、
内臓機能の強化や発汗効果があり、リラックスもできます。
体力アップにも向いていて、筋肉を効果的に動かすので、筋肉が増強されます。
これにより、代謝が上がり痩せやすい体質に繋がるのです。
リバウンドも起こりにくいヨガをダイエットに取り込めば、無理なく痩せられるでしょう。
体が固い方は代謝も下がりやすいので、柔軟性を高めるヨガを行うと、より痩せるとされます。
筋肉は温めることで柔軟になりますので、体が固い方はホットヨガが向いています。
ヨガはとてもたくさんのポーズがあり、それぞれで使う筋肉が違うので、
最初は基本的なものから始め、徐々にレベルアップしていきましょう。
呼吸と筋肉の動きに意識を集中し、姿勢を正し、リラックスした状態でヨガを始めます。
代謝を上げたいのであれば、褐色脂肪細胞の多い背中を中心に鍛えるポーズをしてみてください。
ゆったりとした動きながら高い痩身効果のあるヨガは、代謝の効率をよくして美しくスリムな体型を
与えてくれます。

ヨガを始めたばかりの人は、お肉がつっかえてポーズが出来ないことがよくあります。
ちょっとこそくな方法かも知れませんが、そういう場合にはラジオ波などの痩身エステを受けると効果的ですよ。
私は梅田のラジオ波痩身に通っていますが、1回8000円で受けられるので安心です。